プリンターインク通販の選び方
2017.05.24

コピー機インクジェットプリンターは、最近価格がどんどん下がってきており、ご家庭でも手軽にキレイな写真や書類などが印刷できるようになりました。
でも、安くなったのはプリンターの本体だけで、印刷に必要なインクカートリッジは、4色パックで数千円と、結構なお値段がします。
そこで活用したいのが、「互換インク」。メーカーの純正品に比べると、半額以下の価格で購入できます。
また、「互換インク」を扱っているインク通販サイトを活用すれば、色々と便利なサービスを受けられます。
ここでは、数あるインク通販サイトの選び方のポイントをいくつかご紹介します。

取扱メーカーの数
インク通販サイトのページを見て、ご自分が使っているプリンターのメーカーのインクを取り扱っているかどうか、確認しましょう。
ここで注意したいのは、「トナー」と間違えないことです。
「トナー」は、どちらかというと業務用でよく使っている「レーザープリンター」という種類のプリンターで印刷するのに必要です。
トナーの通販サイトも兼ねている場合がありますので、注意が必要です。

保証がついているか
「互換インク」は安くて便利ですが、プリンターメーカーの純正品ではありません。
そのため、たとえインクカートリッジがお使いのプリンターで使えなかったり、また「互換インク」のインクカートリッジが原因でプリンターが故障しても、メーカーの保証を受けられません。
ただ、インク通販サイトの中には、ある程度の保証をサービスとしてつけているところもあります。
商品の詳細ページや、FAQ(よくある質問)ページなどで、確認して見ましょう。

サービスは充実しているか
インターネット通販の強みは、何と言っても、自分から店舗にいく必要がないことですね。
当然、商品を届けてもらうための送料がかかってきますが、サイトによっては、一定金額以上の購入で送料無料になるところもあります。
また、サイト上で注文してから、手元に届くまでどれくらいかかるのかも、チェックしましょう。
注文を受け付けたその日に発送してくれるサイトもあるようですので、よく調べてから選びたいものです。

使用済みインクカートリッジの回収について
プリンターメーカーの「純正インク」なら、「回収ボックス」で使用済みのインクカートリッジを回収してもらうことができます。
「回収ボックス」は家電量販店や郵便局、市役所や区役所に設置してあります。
「互換インク」は回収ボックスには入れられませんが、インク通販サイトが独自の回収方法を紹介している場合があります。
回収してくれるインクカートリッジの数に条件がある場合がありますが、環境保全のためにも、一度確認してみることをオススメします。

いかがでしょうか?
インク通販サイトはどこも低価格で購入できますが、価格以外のポイントをしっかりチェックして選びたいですね。

▲ ページトップへ